灰色港管理人(キアダンとは別)の日記

 | 

2005-12-23

生活の中ではてなが二の次になってきた件

これはネット環境が悪い今だけかもしれませんが、続くかも知れない予感。

要は「Web天下2.0の計」が見えてきて、はてながもたらす社会変革のずっと先までを、なんとなく見た気になってしまっていることが大きいと思います。

はてなで何が起きても「ウェブのプラットフォーム化の一部」という感覚。

近藤さんが言っている“生活を豊かに”は、もっと大きな話だと思いますけど、どれほどのインパクトになるかは未知数。

私達が生活している社会を「基盤社会」としたときに、はてなは「増設社会」というか、「創作社会」というか、新しい社会の発露という感じすらしていました。

しかしSNS(=mixi)が「社会」として捉えられる一方、はてなはWeb2.0上の「ツール」として発展した感が強い。はてなダイアリーは異色と謳われつつもブログ社会に取り込まれた感。「ツール」として発展なら他のサイトと大差ないわけで、その分興奮が醒めているのではないかと自己分析。要はブログによって発信しはじめた「新顔」さんが面白かった後は、インパクトのあるコンテンツや発信者に出会えていない感覚。ブックマークユーザーはいかにも既存のユーザー。

まだウェブで何も発信していない面白い人がいるんじゃないかなーという期待は持ち続けますけども。はてなグループによる緩い社会性も面白いので、これからもきっと使わせて頂きます、けども。

 |